吉川病院topgide.png病院について病院についてtopgide.png来院される皆さま来院される皆さまtopgide.png診療科・部門のご紹介診療科・部門のご紹介topgide.png医療機関の皆さま医療機関の皆さまtopgide.pngアクセスマップアクセスマップtopgide.png

navbar_dep1.pngnavbar_dep1.pngnavbar_dep2.pngnavbar_dep2.pngnavbar_dep3.pngnavbar_dep3.pngnavbar_dep4.pngnavbar_dep4.png

医師紹介

川添 剛 (かわぞえ たけし)

  • 平成7年香川医科大学医学部医学科卒業
  • 平成11年香川医科大学大学院医学研究科生体制御系専攻博士課程卒業
  • 平成12年香川医科大学医学部附属病院形成外科助手採用
  • 平成15年京都大学大学院医学研究科形成外科助手採用
  • 平成19年4月1日より吉川病院美容皮膚形成部長

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本熱傷学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本創傷治癒学会

資格

  • 平成14年日本形成外科学会認定医取得学位

学位

  • 平成11年香川医科大学医学博士取得

主な学会・研究回活動(平成18年度以降)

18.4.12-14 第49回日本形成外科学会総会・学術集会(岡山) Tissue expanderを用いた 軟部組織再建についての検討
18.5.25-26 第30回日本口蓋裂学会(白馬) 歯・歯茎音の歪みを認めた口蓋裂術後症例の口腔内知覚と構音指導-口腔内知覚の検討(構音指導)
18.10.12-13 第15回日本形成外科学会基礎学術集会(埼玉) ポリフェノールを用いた皮膚組織の保存
18.11.16-17 第24回日本頭蓋顎顔面外科学会・学術集会(東京) 歯・歯茎音の歪みを認めた口蓋裂術後症例の口腔内知覚と構音指導
18.11.23-24 第33回 日本臓器保存生物医学会総会(東京) ポリフェノールを用いた皮膚組織の保存
18.11.27-28 バイオマテリアル学会(東京) 緑茶ポリフェノールを含有したコラーゲンスポンジの 糖尿病マウス皮膚創傷治癒への応用
18.12.4-5 第36回創傷治癒学会(東京) 緑茶ポリフェノール(EGCG)の熱傷創に対する影響
19.3.11 日本抗加齢美容医療学会 第9回Medical Beauty Forum 2007 Spring & Summer(東京) PRP(多血小板血漿)を用いた再生医療への応用の可能性について
19.4.11-13 第50回日本形成外科学会総会・学術集会(東京) 顎裂腸骨移植時における腸骨採取部の痛みに関する検討
19.10.11-12 第16回日本形成外科学会基礎学術集会(神戸) PRP(多血小板血漿)の創傷治癒、組織内投与への影響
20.2.23-24 第26回日本臨床皮膚外科学会(シンガポール) 除皺を目的とした自己白血球含有多血小板血漿(autologous W-PRP)注入療法の基礎から臨床
20.3.15 第43回京都形成外科医会学術講演会(京都) 自己白血球含有多血小板血漿(autologous W-PRP)による下眼瞼除皺効果の検討
20.4.9-11 第51回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋) 自己白血球含有多血小板血漿(autologous W-PRP)の除皺効果の検討、反対側の眼球結膜デルモイドを伴ったGoldenhar症候群と考えられる1例
20.5.28-29 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会(広島) 口蓋裂児の構音発達過程-鼻咽喉閉鎖機能からの検討-
20.7.13 第3回トータルスキンセラピーミーティング関西(大阪) Titan(近赤外線ランプ治療器)の治療の実際
20.7.19 第1回ジェイ・ヒューイットセミナー(東京) セルリバイブ「CellRevive」(=自己W-PRP(白血球含有多血小板血漿)注入療法)セルリバイブジータ「CellReviveζ」(=細胞成長因子添加自己W-PRP(白血球含有多血小板血漿)注入療法)の基礎から臨床
20.8.30-31 第26回日本美容皮膚科学会総会・学術大会(大阪) 自己白血球含有多血小血漿(W-PRP)によるシワ・タルミ治療
20.10.2-3 第17回日本形成外科学会基礎学術集会(東京) 白血球含有多血小板血漿(W-PRP)とbFGF添加白血球含有多血小板血漿による組織再生に関する検討

主な論文

題名 筆頭者名 共同著者 雑誌名 開始
終了
年度
カナダのAlberta Children's Hospitalにおける親子鑑定 井町仁美 飴野節子、川添 剛、飴野 清、井尻 厳 The Research 36   327 331 1993
カナダのAlberta Children's HospitalにおけるDNA親子鑑定の実 飴野節子 井町仁美、川添 剛、飴野 清、木下博之、井尻 厳 DNA多型 2   94 98 1994
埋没鍼が皮膚に色素沈着様変化をきたした1例 伊藤 理 秦 維郎、松賀一訓、松田秀則、川添 剛 日本形成外科学会会誌 15 11 813 817 1995
悪性腫瘍との鑑別を要した放線菌症の1例 川添 剛 秦 維郎、松賀一訓、伊藤 理、松田秀則 日本形成外科学会会誌 16 4 260 263 1996
Reduction of Progressive Burn Injury by Using a New Nonselective Endothelin-A and Endothelin-B Receptor Antagonist, TAK-044: An Experimental Study in Rats. Nuri M. Battal, Yuiro Hata, Kazunori Matsuka, Osamu Ito, Hidenori Matsuda, Yukako Yoshida, Takeshi Kawazoe Plastic and Reconstructive Surgery 99 6 1610 1619 1996
Reduction of progressive burn injury by a stable prostaglandin I2 analogue, beraprost sodium (Procylin) : an experimental study in rats Nuri M. Battal, Yuiro Hata, Kazunori Matsuka, Osamu Ito, Hidenori Matsuda, Yukako Yoshida, Takeshi Kawazoe Burns 22 7 531 538 1996
Effect of a prostaglangin I2 analogue, beraprost sodium, on burn-induced gastric mucosal injury in rats. Nuri M. Battal, Yuiro Hata, Kazunori Matsuka, Osamu Ito, Hidenori Matsuda, Yukako Yoshida, Takeshi Kawazoe, Miki Nagao Burns 23 3 232 237 1997
Reduction of burn-induced gastric mucosal injury by an endothelin receptor antagonist in rats Nuri M. Battal, Yuiro Hata, Osamu Ito, Hidenori Matsuda, Yukako Yoshida, Takeshi Kawazoe, Miki Nagao Burns 23 4 295 299 1997
A New Experimental Model of A True Myocutaneous Flap Nuri M. Battal, Yuiro Hata, Kazunori Matsuka, Osamu Ito, Hidenori Matsuda, Yukako Yoshida, Takeshi Kawazoe, Nuri M. Battal Journal of Reconstructive Microsurgery 13 4 251 255 1997
Sansation of The Abbe Flap. Hidenori Matsuda, Yuiro Hata, Osamu Ito, Hiromi Furuichi, Takeshi Kawazoe, Miki Nagao Transactions: 8th International Congress On Cleft Palate and Related Craniofacial Anomalies. 690 691 1997
Use of Neurovasucular Free Forearm Flap In Palatal Defect. Hidenori Matsuda, Yuiro Hata, Osamu Ito, Hiromi Furuichi, Takeshi Kawazoe, Miki Nagao Transactions: 8th International Congress On Cleft Palate and Related Craniofacial Anomalies. 905 907 1997
正常成人日本人の顔面・頚部のおける知覚 伊藤 理 秦 維郎、松田秀則、古市浩美、川添 剛 日本形成外科学会会誌 17 11 742 749 1997
口腔底癌の再建に用いた非神経付遊離前腕皮弁の知覚と口腔内機能について 伊藤 理 秦 維郎、朴 修三、松下暢子、川添 剛 日本形成外科学会会誌 18   212 217 1998
舌・口腔底癌の再建に用いた神経付遊離前腕皮弁の知覚と口腔内機能について 伊藤 理 秦 維郎、朴 修三、松下暢子、川添 剛 日本形成外科学会会誌 18   536 541 1998
Involvement of superoxide in acute reaction of angiotensin II in mesenteric microcirculation Takeshi Kawazoe Hiroaki Kosaka, Hirohito Yoneyama, Yuiro Hata Japanese Journal of Physiology 49   437 443 1999
Reaction of neuronal nitric oxide synthase with nitric oxide spin trapping agent, iron complex with N- dirhiocar boxysarcosine Hirohito Yoneyama Hiroaki Kosaka, Taira Ohnishi, Takeshi Kawazoe, Kazuhiro Mizoguchi, Yoshiyuki Ichikawa European Journal of Biochemistry 266   771 777 1999
有茎頭蓋骨移植2症例の長期経過について(補遺) 伊藤 理 秦 維郎、朴 修三、古市浩美、川添 剛 日本形成外科学会会誌 19 6 347 350 1999
Acute production of vascular superoxide by angiotensin II but not by catecholamines Takeshi Kawazoe Hiroaki Kosaka, Hirohito Yoneyama, Yuiro Hata Journal of Hypertension 18   179 185 2000
Sensibility of the free radial forearm flap used for oral cavity reconstruction after tumor resection Osamu Ito Osamu Ito, Yuiro Hata, Susam Park, Nobuko Mathusita, Takeshi Kawazoe Plastic and Reconstructive Surgery 106 2 521   2000
Sensibility of innervated free radial forearm flap used for oral cavity reconstruction after tumor resection Osamu Ito Osamu Ito, Yuiro Hata, Susam Park, Nobuko Mathusita, Takeshi Kawazoe Plastic and Reconstructive Surgery 106 3 745   2000
Eyelid reconstruction using a hard palate mucoperiosteal graft combined with a V-Y subcutaneously pedicled flap Osamu Ito Shigehiko Suzuki, Susam Park, Takeshi Kawazoe, Miki Sato, Yasumi Saso, Yuka Iwasaki, Yuiro Hata British Journal of Plastic Surgery 54   106 111 2001
人工真皮の開発と長期フォローアップ成績 鈴木茂彦 伊藤 理、宗内 巌、川添 剛、佐生泰美、河合勝也、松田和也 日本熱傷学会機関誌 27 3 127 135 2001
ケロイドと肥厚性瘢痕における免疫組織学的検討 小野寺正征 伊藤 理、宗内 巌、川添 剛、佐生泰美、鈴木茂彦、坂本晴彦、上野正樹 第7回ケロイド・肥厚性瘢痕研究会記録集 110 113 2001
Biomaterials for plastic and reconstructive surgery Shigehiko Suzuki, Osamu Ito, Gan Muneuchi, Takeshi Kawazoe Recent Research Development in Biomaterials
Editor; Yoshito Ikada
253 274 2002
基底細胞上皮腫との鑑別が困難であった孤立性毛包上皮腫の1例 郷司みちよ 鈴木茂彦、伊藤 理、川添 剛、佐生泰美、小野寺正征 日本形成外科学会会誌 22 3 215 220 2002
皮膚組織の再生とbFGF徐放 鈴木茂彦 佐生泰美、川添 剛、河合勝也 遺伝子医学 6 3 424 427 2002
Free Anterolateral Thigh Fasciocutaneous Flap With a Fat/Fascia Extension for Reconstruction of Tendon Gliding Surface in Severe Bursitis of the Dorsal Hand Gan Muneuchi Shigehiko Suzuki, Osamu Ito, Takeshi Kawazoe Annals of Plastic Surgery 49 3 312 316 2002
口蓋悪性腫瘍への放射線治療後に生じた口腔鼻腔瘻に対する口蓋粘骨膜弁による治療経験 宗内 巌 鈴木茂彦、伊藤 理、川添 剛 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 18 2 183 186 2002
下口唇にみられた悪性黒子の1例 井下哉恵 勝浦純子、杉村知江子、沼原利彦、窪田泰夫、佐生泰美、川添 剛、鈴木茂彦 Skin Cancer 17 2 153 156 2002
cell-preconfluentな複合型培養皮膚の作製と移植実験 佐生泰美 川添 剛、鈴木茂彦、森田真一郎 日本熱傷学会機関誌 28 5 326 332 2002
Cell-preconfluent培養皮膚への徐放性bFGF添加効果 佐生泰美 川添 剛、郷司みちよ、鈴木茂彦、田畑泰彦、富畑賢司、森田真一郎 日本熱傷学会会誌 29 1 24 30 2003
左大腿Ossifying Fibromyxoid Tumorの1例 美原寿之 川添 剛、宗内 巌、鈴木茂彦 日本形成外科学会会誌 23 3 199 202 2003
熱傷創被覆に用いられる人工あるいは培養真皮 鈴木茂彦、川添 剛 形成外科ADVANCEシリーズII-10
熱傷の治療最近の進歩
121 128 2003
CATCH22症候群の1例 長尾由理 川添 剛、宗内 巌、鈴木茂彦 日本形成外科学会会誌 23 7 458 461 2003
香川医科大学における上顎全摘再建症例の検討 宗内 巌 鈴木茂彦、伊藤 理、川添 剛、佐藤美樹、秦 維郎 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 19 2 110 116 2003
Usefulness of palatal mucoperiosteal grafts for artificial eye socket contracture Osamu Ito Shigehiko Suzuki, Susam Park, Gan Muneuchi, Takeshi Kawazoe, Yasumi Saso, Masayuki Onodera, Yuiro Hata Annals of Plastic Surgery 51 3 278 282 2003
熱傷創に対する創傷被覆材の適応とその使用法 川添 剛、鈴木茂彦 小児看護     2 8 2004
熱傷の患児管理と治療;局所管理と治療 川添 剛、鈴木茂彦 小児看護     43 47 2004
Mammary hypoplasia resulting from hormone receptor deficiency Ito Osamu Kawazoe Takeshi, Suzuki Shigehiko, Muneuchi Gan, Saso Yasumi, Hamamoto Yusuke, Imai Tadashi, Hata Yuiro Plastic and Reconstructive Surgery 113 3 975 977 2004
Surgery Without Skin Resection for Eyelid Entropion Osamu Ito Naohiro Kashiwa, Hiroharu H Igawa, Shigehiko Suzuki, Takeshi Kawazoe Annals of Plastic Surgery 53 1 56 59 2004
人工真皮を用いたハイブリッド型人工皮膚の開発 佐生泰美 森本尚樹、川添 剛、鈴木茂彦 形成外科 47 8 857 865 2004
培養人工皮膚作製時の培地の培養皮膚生着に及ぼす影響 佐生泰美 川添 剛、森本尚樹、鈴木茂彦、富畑賢司 熱傷 30 3 143 151 2004
皮膚障害とRAS 川添剛   Angiotensin Research 2 4 23
(305)
27
(309)
2005
上口唇、鼻翼に発生したmixed tumor of the skinの3例 鈴木由佳 鈴木茂彦、川添剛、伊藤理、宗内巌、井川浩晴 日本頭蓋顎顔面外科学会会誌 20 3 240 244 2005
Evaliation of the donor site in patients who underwent resonstruction with a free radial forearm flap Osamu Ito Hiroharu H Igawa, Shigehiko Suzuki, Gan Muneuchi,Takeshi Kawazoe, Yasumi Saso, Masayuki Onodera, Susam Park, Yuiro Hata Journal of Reconstructive Microsurgery 21 2 113 117 2005
Effects of bFGF incorporated into a gelatin sheet on wound healing Michiyo Miyoshi Takeshi Kawazoe, Hiroharu H. Igawa, Yasuhiko Tabata, Yoshito Ikada, Shigehiko Suzuki Journal of Biomaterials Science Polymer Edition 16 7 893 907 2005
細胞増殖因子の各論 6.bFGF 組織移植(血管新生) 川添剛、鈴木茂彦、河合勝也 細胞増殖因子と再生医療 188 193 2006
組織拡張器を用いた頭部巨大色素性母斑の治療についての検討 神野千鶴 川添 剛、鈴木茂彦 日本形成外科学会会誌 27 9 610 616 2007
Incoporation of basic fibroblast growth factor into preconfluent cultured skin substitute accelarate neovas-cularisation and skin reconstruction after transplantation Yasumi Tsuji-Saso Takeshi Kawazoe, Naoki Morimoto, Yasuhiko Tabata, Tsuguyoshi Taira, Kenji Tomihata, Atsushi Utani, Shigehiko Suzuki Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery 41 5 228 235 2007
人工真皮による治療 鈴木茂彦 川添 剛 Pepars 16   69 74 2007
歯・歯茎音に歪を認めた口蓋裂術後症例の口腔内知覚と構音指 川添 剛 吉田紀子、竹内真理子、村上裕子、三河内章子、岸本正雄、野瀬謙介、鈴木茂彦 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌 23 4 272 278 2007
Green Tea Polyphenols Affect Skin Preservation in Rats and improve the Rate of Skin Grafts Takeshi Kawazoe HakHee Kim, Yasumi Tsuji, Naoki Morimoto, Suong-Hyu Hyon, Shigehiko Suzuki Cell Transplantation 17   203 209 2008
除皺を目的とした自己白血球含有多血小板血漿(autologous W-PRP)注入療法の基礎から臨床 川添 剛 金 学嬉 日本臨床皮膚外科学会誌 17 1 26   2008

TV , 雑誌 , 新聞など

年月日 メディア名(TV、雑誌、新聞) 詳細 
2005.11.1 MK新聞 病院で安心の美容皮膚形成
最新鋭治療器で老若男女に対応
http://www.mk-group.co.jp/np/back/
interview/05/659.html
2006.3.28 NHK、おはよう日本 中高年男性・アンチエイジング
http://www.tvblog.jp/kanto/
archives/2006/03/post_032804300001.html
2008.3.27 京都新聞 女性と青少年の健康;女性と子どもの肌のケア
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/medical/
search/tokushu_9.html